【事例集】アイランドキッチンのメリットデメリット|後悔しないためのポイントも解説

屋上一戸建て

アイランドキッチンとは、島のように作業台が独立しているキッチンのことです。開放的でおしゃれな印象が強いタイプで、多くの人から憧れられています。

本記事で紹介するのは、そんなアイランドキッチンのメリット・デメリット、後悔しないためのポイントについてです。おしゃれな事例も集めましたので、ぜひ設計の参考にしてみてください。

アイランドキッチンとは?

アイランドキッチンとは、壁付けになっている台の他に、独立した台があるタイプのキッチンです。ここでは、そんなアイランドキッチンについて説明します。

島のように作業台が独立しているキッチン
「アイランド」の名の通り、島のように作業台が独立しているキッチンがアイランドキッチンです。対面キッチン・オープンキッチンと呼ばれる中に分類されます。

独立している部分は、シンクやコンロが備わっているものや、作業台のみになっているデザインなどさまざまです。

ペニンシュラキッチンとの違い
アイランドキッチンとペニンシュラキッチンの違いは、独立している作業台の一部片側が壁に接しているかどうかです。ペニンシュラは英語で「半島」の意味で、壁から突き出すように作業台が設置されます。

アイランドキッチンのメリット

アイランドキッチンはおしゃれで、開放感のある空間を演出してくれます。また、家族やゲストとコミュニケーションが取りやすいのもメリットです。ここでは、アイランドキッチンのメリットを5つ紹介します。

1. 開放感があり、空間が広く見える
アイランドキッチンは壁から独立していて作業台の周りを一周できるので、開放感があり空間が広く見えます。隣接するダイニングやリビングとの間仕切りがなく、見晴らしが良いのも開放感がある理由の一つでしょう。

2. おしゃれでインテリアのアクセントになる
アイランドキッチンは、キッチン自体がおしゃれでデザイン性が高い傾向にあります。おしゃれなキッチンは、隣接しているダイニングやリビングなどから見たとき、インテリアのアクセントの役割も果たします。おしゃれなキッチンアイテムを置くなどして、さらにインテリアを楽しむことも可能です。

3. 複数人で調理しやすい
アイランドキッチンの作業台は、四方どこからでも使用できるので、複数人での調理がしやすいのが特長です。キッチンスペースに人が混在することなく、家族や友人などと一緒に食事の準備を行えます。ホームパーティーを開きたい方にもおすすめのタイプです。

4. 隣の部屋にいる家族とコミュニケーションが取りやすい
アイランドキッチンは間仕切りがないので、調理中もダイニングやリビングにいる家族とコミュニケーションが取りやすいでしょう。家族と会話をしながら、または子どもやペットの様子を確認しながら調理や片付けができます。

5. 家事動線が良くなる
アイランドキッチンは作業台周りに通路があるので、家事動線が良いのが特長です。左右どちらからでもキッチンに入れるので、調理や配膳を手伝ってもらうときも、人がぶつかり合うことなくスムーズに行えます。

アイランドキッチンのデメリット

アイランドキッチンを設置するには広いスペースが必要です。また、開放感があるのはメリットですが、その分キッチンの様子が見えやすかったり、汚れやにおいが広がりやすかったりといった一面もあります。ここでは、アイランドキッチンで考えられるデメリットを5つ紹介します。

1. 広いスペースがないと設置が難しい
アイランドキッチンは全体的にサイズが大きく、また作業台周りの四方に通路スペースが必要なので、広いスペースを要します。

作業台の周りのスペースを80~90cmにすると、人が通るときにすれ違えます。アイランドキッチン全体としては、最低でも6畳あると良いです。これ以上に狭くなると、通路幅が取りづらくなり使い勝手が悪くなる可能性もあるので注意しましょう。

2. キッチンが散らかっていると生活感が丸出しになる
部屋の間仕切りがないアイランドキッチンは、調味料や器具が散乱していると、隣接する部屋から見たときに生活感があらわになります。いくらデザイン性の高いアイランドキッチンであっても、散らかった状態ではおしゃれに感じづらいでしょう。

インテリアとしての魅力を保つためには、常にキッチン周りを整理したり十分な収納場所を確保したりする必要があります。

3.におい・汚れが他の部屋にまで広がる
アイランドキッチンはリビングやダイニングとの間に壁などの遮るものがないので、それらの部屋にまで食品のにおい、水・油・食品のクズといった汚れが広がってしまいます。

またIHコンロの場合、ガスコンロよりも上昇気流が起きにくいので、においが換気扇まで届きにくく部屋に拡散しやすくなります。性能の高い換気扇を付けたり、換気をしやすい位置に窓を設置したりといった対策がおすすめです。

4. 収納スペースが確保しづらい
アイランドキッチンは壁に面していない部分が存在している分、壁面収納が限られて収納スペースが確保しづらいというデメリットがあります。十分な収納場所を確保するには、吊り戸棚やカップボードを利用したり、シンク下に収納を作ったりする必要があるでしょう。

5. 設置費用が高い
アイランドキッチンは、設置費用が高くなりやすいのも特徴です。アイランドキッチンは壁に作業台を付けないので、前後左右の側面に化粧パネルが必要になり、他のキッチンよりも材料費が多くかかります。

また上記で紹介したようなデメリットを解消するために、性能の高い換気扇を付けたり収納スペースを増やしたりすると、さらに費用がかさむでしょう。

アイランドキッチンで後悔しないためのポイント

アイランドキッチンで後悔しないためには、上記で紹介したデメリットを解決するような対策をすることが大切です。ここでは、アイランドキッチンで後悔しないためのポイントを4つ紹介します。

1. 家電の配置を決めてからコンセントの設置場所を決める
アイランドキッチンを計画する際は、家電の配置まで想像してからコンセントの設置場所を決めるのがおすすめです。作業台は壁から離れているため、コンセントから遠すぎるとコードが通路の邪魔をすることになってしまいます。

電子レンジや冷蔵庫などはもちろん、フードプロセッサーやハンドミキサーなどの使用時も想定するのもポイントです。

2. お掃除しやすいデザインにする
前述した通り、アイランドキッチンは汚れが広がりやすいので、掃除しやすい工夫をすることが大切です。例えば、コンロ前に油はねガードを付けるのは有効でしょう。素材を耐火ガラスにしたり、目立たない程度の高さにしたりすると、デザイン性も保てます。

また、キッチン周りの床や壁を水・油に強いものにするのも効果的です。

3. 吊り戸棚やカップボードを置くスペースを確保する
アイランドキッチンの収納の少なさを改善するには、計画時から吊り戸棚やカップボードを置けるスペースを考慮しておくことが大切です。圧迫感が気になる場合は、吊り戸棚ではなく吊り下げシェルフを検討してみてはいかがでしょうか。また、独立している作業台の下も収納できるようにしておくのも便利です。

4. 目隠しになるものを設置する
他の部屋からキッチンへ向けられる。目線が気になるなら、目隠しになるものを設置するのも手です。調理中の手元を隠すには、カウンタースクリーンや腰壁などが適しています。来客があったときにキッチン内を隠したい場合は、ロールスクリーンやブラインドなどで仕切れるようにするというのも良いでしょう。

アイランドキッチンのデザイン事例

ここからはアイランドキッチンのデザイン事例を紹介します。どれもおしゃれで、アイランドキッチンのデメリットが解消されているので、ぜひ計画時の参考にしてみてください。

ホワイト×木製のナチュラルなアイランドキッチン

ホワイトを基調とした空間に、アイランドキッチンの木製の天板が際立つおしゃれな事例です。コンロとシンクは壁側なので、油はねや水はねの汚れが気になりにくいでしょう。収納も豊富にあるので、物が表に出すぎて生活感が出ることを避けられます。

インテリアの主役!ブルードアが素敵なアイランドキッチン

アイランドキッチンが、まるでインテリアの主役のようになっている事例です。作業台のブルードアが部屋の良いアクセントになっています。

カウンターが作業台と一体化していて、の効率が良くなるのも魅力です。ビルトインオーブンでオーブンが表に出ていないので生活感が出にくいのもポイントです。

和モダンなアイランドキッチン

和モダンのデザインがおしゃれなアイランドキッチンの事例です。作業台がシンメトリーのデザインになっていて調和した雰囲気を与えています。吊り戸棚やその両隣の収納スペースによって、収納力が高められているところもポイントです。

【アイムユニバース】のアイランドキッチン事例

アイムユニバースでも、アイランドキッチンを使用した事例があります。素材や照明効果にこだわった、高級感あふれる事例です。

間接照明×ブラックの高級感あふれるアイランドキッチン

ブラックのアイランドキッチンを、間接照明で演出した高級感が漂う事例です。アイランドキッチンにつながるようにダイニングテーブルが置かれ、生活動線がコンパクトになっています。

そして、ダイニングに座る家族とコミュニケーションが取りやすいのも魅力です。コンロの前には透明の油はねガードが付いていて、景観を損なわずに汚れ対策ができています。

アイランドキッチンは使いやすくなるよう工夫を!

アイランドキッチンは、収納を増やしたりお掃除をしやすくしたりすると使い勝手が良くなります。デメリットを工夫で解消して、アイランドキッチンをインテリアのアクセントにしたおしゃれな空間を作ってみてはいかがでしょうか。

管理人

1,763,622 views

&RESORT Life(アンドリゾート ライフ)とは 日常をリゾートのような時間を過ごせるライフスタイルへ。 屋上テラス、ウッドデッキ、プール、インテリア...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧