狭いLDKを広々使うには?部屋を広く見せる5つのテクニック

テクニック

画像:Adobe Stock

家族団らんを過ごすLDKが少し狭い、と感じている方は、もしかすると家具のレイアウトや選び方など工夫すると改善するかもしれません。今回は、部屋を広く見せる&狭い部屋を使いやすくするテクニックを5つご紹介します。

「狭いから使いにくい…」は変えられるかも

Interior of living room with comfortable sofa

画像:Adobe Stock

立地やそのほかの条件は理想どおり、あとはもう少し部屋が広ければ…そんなお悩みを持つ方は少なくありません。特に都心では、広い物件を見つかりにくい傾向にあり、狭小住宅を上手に使って暮らすアイデアにも注目が集まっています。

狭い部屋は使いにくい。もしあなたがそう感じているのなら、もしかすると家具の選び方やレイアウト、インテリアの工夫で印象を少し変えることができるかもしれません。これからご紹介する5つのテクニックを使って、あなたも狭いLDKを快適な空間に変えてみませんか。

狭いLDKを広く使う「5つ」のテクニック

画像:Adobe Stock

LDKを広く使うテクニック1.:家具の配置を変える

まずは、部屋のなかで大きな面積を占める家具にフォーカスしてみましょう。

以下のポイントを意識して家具のサイズやレイアウトを工夫すれば、部屋の印象は大きく変わります。

・できるだけ部屋を広く見せる低めの家具を置く

・部屋の両端に家具を寄せて、床を大きく見せる

・家具で部屋を仕切らない

・入り口に立って手前側に低めの家具を、奥に高い家具や観葉植物などを置く

LDKを広く使うテクニック2.: モノを減らす

LDKに置く家具の厳選とともに、必ずやっておきたいのが「モノの厳選」です。

ご家庭全体の持ち物を把握することから始めれば、持ち物の量と収納スペースが合っているのか視覚的にも確認できます。基本は、収納スペースに合わせてモノの量を調整すること。たとえば、食器や衣類など気づくとどんどん増えてしまいがちなモノは、収納スペースに余裕を持って収納できる量にまで減らすことをおすすめします。

モノの全体像が把握できれば、必要・不要・保留に分けやすくなり、「こんなにモノがあったのか…」と現状を知ることができるため無駄な買い物が減るというメリットもあります。減らすコツは、今使っているモノやお気に入りのモノだけを選びとること。それ以外のモノは不要か、もしくは今は使わないけれどどうしても手放せないモノです。すぐに手放すことが難しい場合は「保留ボックス」などをつくり、一定期間寝かせておくのもひとつの方法です。

LDKを広く使うテクニック3.:背の低い家具を置く

先ほどご紹介したとおり部屋を広く見せるのは、背の低いロータイプの家具です。天井までに空間ができ開放的が生まれます。目安は、視界を遮らないこと。目線よりも低めの家具で揃えれば、部屋全体が広々とした印象に仕上がります。

LDKを広く使うテクニック4.: 大容量の壁面収納を取り入れる

低めの家具は部屋を広く見せてくれるものの、どうしてもモノが減らせない場合は収納スペース不足を感じてしまうことも。その場合は、背の高い家具を取り入れるのもよいでしょう。

大容量の壁面収納を取り入れると、場所をとる家具を減らして収納スペースを一箇所に集中させることができます。狭い空間では、できるだけ家具を少なくするのが広く見せるコツ。造り付けの造作家具の壁面収納をつくることが難しい場合は、大掛かりな工事が不要なユニット家具を代用するのもひとつの方法です。ユニット家具は、テレビボードやワークスペースなど必要な機能をカスタマイズできるため、部屋の形状や用途に合わせて好みの収納スペースをつくることができます。

 LDKを広く使うテクニック5.: ソファダイニングにする

ダイニングとリビングの機能を掛け合わせた「ソファダイニング」というスタイルが注目されています。

ソファダイニングとは、ソファとダイニング用テーブルでつくる新しいくつろぎのスタイルのこと。ダイニングテーブルよりも少し低めのテーブルにソファを合わせた、カフェのようなインテリアが特徴です。

ダイニングのように食事ができて、リビングのようにゆったりと過ごせることがメリット。また、リビングとダイニングの家具をひとまとめにすることで、空いたスペースを有効活用できます。ダイニングからリビングへと移動することなく、食事した後もそのままくつろげることも魅力です。

LDKを広く使って、暮らしをより快適に

もともとの部屋の広さは変えられなくても、インテリアによってその印象を変えることはできます。モノは少なければ少ない方が広々と使えますが、背の高さや配置によっては家具がある方が快適に暮らせる場合もあります。あなたもぜひ、今ある空間を有効活用して暮らしやすい住まいに整えてみてはいかがでしょうか。

伊野奈緒美

265,294 views

福岡のフリーライター。Naomi.Spring代表。WEB媒体を中心に、インテリア・ライフスタイル・ファッションなどをテーマに記事を執筆しています。趣味は、...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧