靴収納だけじゃない。新しい「玄関」の使い方アイデア

テクニック

画像:PIXTA

「第一印象を決める」と言っても過言ではないほど、住まいの顔となる場所が「玄関」。出入口としての役割はもちろんですが、他にも多彩な使い方ができるマルチスペースです。

今回は、靴収納だけではない玄関の使い方アイデアをご紹介します。広い玄関がある、これからつくりたいと思っている方は、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

出入口、靴収納…それ以外の玄関の使い方も

画像:PIXTA

住まいの顔となる場所だからこそ、気持ちのよい空間にしておきたい玄関。靴やアウトドア用品、お子さんの遊び道具など置くものが多く、常にすっきりとさせるのが難しい場所でもあります。

でもスペースにゆとりがあれば、大容量の収納を用意できるだけでなく多彩な使い方ができるマルチスペース。最近では、設計の段階から玄関を広くするよう計画するご家庭もあるよう。ゆったりとした玄関は、アイデア次第で豊かな空間になるのです。

それでは、靴収納や出入口だけではない、使い方のアイデアを見ていきましょう。

こんなアイデアも。玄関の多彩な使い方

1.ギャラリーのような「ディスプレイスペース」に

玄関の壁をシンプルなままにしておくのもすっきりとして素敵ですが、住む人の個性を演出するなら「アート」を飾ってみてはいかがでしょう。

キャビネットやミニテーブルなどがあれば、その家具を起点にしてお気に入りのアートを壁に飾ってみてください。花瓶に花を生けたりテーブルグリーンを置いたり…フォトフレームやキャンドルなど世界観の合うモノを一緒に飾れば、センスよく仕上がります。

季節ごとにテーマカラーやイベントにちなんだディスプレイを楽しむのも素敵。フレームアートは、ポスターや写真を入れ替えるだけでがらりと雰囲気が変わります。ガラス・陶器・磁器など花瓶も素材違いでいくつか揃えておけば、気分に合わせて印象の違うディスプレイをつくれますよ。

2.デスクを置いて「ワークスペース」に

玄関ホールのスペースに余裕があれば、デスクを置いたりカウンターテーブルを造作したりしてワークスペースをつくるアイデアも。部屋数に余裕がない、家族の気配を感じながら過ごせるプライベートスペースが欲しい、という方におすすめです。

玄関は人目に触れる場所なので、空間に調和するインテリアを意識すると違和感なくなじみます。仕事の資料などが目に入ることで雑然とした印象にならないよう、扉付きの玄関収納を上手に活用しましょう。

3.お気に入りを飾って楽しむ「趣味スペース」に

住む人のライフスタイルを玄関で演出できるのが、「趣味スペース」です。サーフボードや自転車、DIYグッズなどを飾りながら収納すれば、個性的な玄関インテリアに。

広々とした土間があれば、自転車等の大きなモノも雨風から守ることができメンテナンスもラクに。室内から眺めることができるので、「お気に入りと暮らす」楽しさを感じられることでしょう。

4.お子さんの遊び場に

玄関土間が広ければ、天候にかかわらずアクティブに遊べる屋内の遊び場に。屋内用遊具を置いたりお家キャンプを楽しんだりと多彩な使い方ができます。お子さんの遊び道具が増えてきたな、と思ったら吊るす収納を取り入れてみてはいかがでしょう。シューズクローゼットの中や周辺の壁にフックを取り付けておけば、省スペースに多くのモノが収納できます。

5.くつろげるリラックススペースに

 広い玄関土間があるお宅なら、テラスファニチャーやベンチ、自立式のハンモックなどを置くと居室とはまた違った趣のリラックススペースになります。読書やお茶、ひとりでぼーっとするなど、目先の違うインテリアのなかでゆったりとくつろげるのではないでしょうか。

鉢植えグリーンや花瓶に生けた花、お気に入りのファブリックなどでインテリアを彩れば、印象的な空間に。鉢や花瓶の素材やデザインにも周りのインテリアに合わせると、インテリアに統一感が生まれます。

玄関を有効活用して、豊かなスペースに

画像:ACTUS

外に繋がる玄関は、屋外から入る光や風を感じられる場所。使い方次第では、豊かな空間になり得る貴重なスペースです。今回は広いスペースのある玄関の使い方をご紹介しましたが、もちろん狭い空間でもディスプレイを楽しんだり、小さく植物を育てたりと楽しみ方はあります。あなたらしく玄関を活用してみてはいかがでしょうか。

伊野奈緒美

75,496 views

福岡のフリーライター。Naomi.Spring代表。WEB媒体を中心に、インテリア・ライフスタイル・ファッションなどをテーマに記事を執筆しています。趣味は、...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧