自宅の屋上を太陽光発電で活用するメリットとは

太陽光発電

自宅で使う電力を太陽光で起こすことができたら、節約にもエコにもつながりそうです。

屋上があればスペース活用して、太陽光発電のシステムを設置したいと考えている方もいるのではないでしょうか。

電力を自給自足したいと思う反面、太陽光発電を取り入れることにはメリットだけしかないのか、本当に節約になるのかなど不安になることもあるでしょう。

取り入れてから後悔しないために、ここでは自宅に太陽光発電を設置するメリット、注意点、より良く活用するための方法をお伝えします。

太陽光発電を設置するメリットは?

自宅に太陽光発電システムを設置することで得られるメリットを見ていきましょう。

二酸化炭素(CO2)を排出しない
太陽光パネルを製造するときや設置するときに多少の二酸化炭素(CO2)は出るものの、太陽光発電はほかの電力と比べて二酸化炭素(CO2)を排出しません。

二酸化炭素(CO2)は、地球温暖化の主な原因といわれています。太陽光発電が「地球にやさしい」といわれる理由は、ここにあるのです。

災害時にも使える
災害により電力会社からの電気の供給が止まってしまった場合でも、太陽光発電は非常用電源として活用できます。

近年、各地で自然災害が起こっているため、停電への不安もあることと思います。太陽光発電を設置していれば、いざというときにでも情報を得るためのテレビやラジオ、スマホ充電のための電力量などをまかなえるでしょう。

使いきれない電力は売れる
太陽光発電システムで発電して、自宅で使いきれなかった電力は、電力会社に売ることができます。これを「売電」と呼び、太陽光発電によって電気代の節約ができるほか、売電による副収入が得られるのです。

冷暖房費の節約につながる
屋根や屋上に太陽光パネルを設置することにより、二重屋根のようになり太陽熱の遮断効果が期待できるようになります。暑い夏には屋根や屋上の表面温度を下げ、寒い冬には熱を逃さないため、冷暖房費の節約につながるといわれています。

太陽光発電を取り入れる注意点

導入することでたくさんのメリットが得られる太陽光発電ですが、注意点もあります。設置前に知識を身につけておき、リスクを回避しましょう。

10年過ぎると売電価格が下がる
売電価格はFIT制度(固定価格買取制度)により、一定期間は高値であることが法律に基づいて保証されています。

FIT制度とは、太陽光発電の普及のため、導入時にかかるコスト回収の目途をつきやすくするために定められられた制度であり、保証されている期間は10年です。

10年を過ぎても電力会社に売電することはできますが、価格はぐんと下がってしまうといわれています。そのため、FIT制度の期間が終わった後、余った電力をどうするかを考えておく必要があるでしょう。

天候によって発電量が左右される
太陽光発電は、天候によって左右されてしまうという面があります。日射量が少ない地域は発電量が少なくなってしまうというだけではなく、太陽光パネルは表面温度が上がりすぎても発電効率が落ちてしまう特性を持っているのです。

ただしパネルの向きによってこれらの問題点が解消できることもあり、日射量が少なくても発電できる、また熱に強い太陽パネルの研究・開発も進められています。

設置前に、業者と良く打ち合わせをして不安を解消しておくことが大切です。

メンテナンスの必要性
太陽光パネルは長寿命で、交換しなくてはいけないケースも、故障も少ないといわれています。一般的に20年間は稼働するといわれており、寿命の長いものであれば30年以上の長期間にわたって機能が持続するでしょう。

メンテナンスフリーといわれることもありますが、長く使うためには定期点検やメンテナンスが必要です。頻度は4年に1度、費用は2万円が目安とされていますが、複数業者の見積もりを取ると良いでしょう。

太陽光発電を活用するためには

自宅で消費する電力をすべて太陽光でまかなえれば、電気代を0円に近づけることも夢ではありません。オール電化にすれば、さらに節約になるでしょう。

より良く太陽光発電を活用するために、知っておいたほうが良い方法を紹介します。

蓄電池を導入する
自宅の太陽光発電で発電した電力なら、消費しても電気代はかかりません。しかし日が照っている日中しか発電できないため、日照が足りない日や夜間は電力会社から電力を購入することになってしまいます。

このデメリットを解消する方法が、蓄電池を合わせて使うということです。蓄電池を導入することで、日中蓄電した電力を夜間使用することが可能になります。必要以上に電力を使わず節電を心がけていれば、1日中自家発電の電力だけで過ごすこともできるのです。

補助金を利用する
太陽光発電を取り入れるためには初期費用がかかりますが、FIT制度により10年で初期費用は回収できるようになっています。

しかし、よりお得に太陽光発電を導入するためには、初期費用を抑えるために補助金を利用することが挙げられます。

国による太陽光発電と蓄電池の補助金制度はすでに廃止されていますが、自治体によって補助金制度が実施されていることもあるため、住んでいる地区の自治体の情報をチェックしてみると良いでしょう。

また、家庭用蓄電池の補助金制度については、条件付きで実施されているケースがありますので、併せて調べてみるのがおすすめです。

環境にもやさしい太陽光発電でエネルギーの自給自足を

エネルギー自給率が低いといわれる日本では、エネルギー対策の一環として、太陽光発電が推奨されています。そのため、FIT制度や各自治体の補助制度など、導入にあたってなるべく負担がかからない制度も定められているのです。

蓄電池も設置すれば、日が照っている日中だけではなく夜間利用も可能になり、また災害時にも電力を活用することができるようになるでしょう。

太陽光発電システムを扱っている業者は多数あります。太陽光発電の知識をインプットしたうえ、複数業者の見積もりを取り、信頼できる専門家に任せることが、より良く太陽光発電システムを活用できる暮らしにつながるでしょう。

管理人

672,327 views

&RESORT Life(アンドリゾート ライフ)とは 日常をリゾートのような時間を過ごせるライフスタイルへ。 屋上テラス、ウッドデッキ、プール、インテリア...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧