雨だからこそ屋上テラスのテントでデジタルデトックスを、その効果は?

プライベートスペース

雨の時期、何となく気分が晴れなかったり、体も重く感じたりすることが多くなりますよね。

体の疲れが取り切れないのかなと考えるかもしれませんが、もし、やる気や集中力が落ちてきているなら、体を休めるだけではなく、デジタルデトックスが必要なのかもしれませんよ。

今回は、デジタルデトックスの効果や、自宅の屋上でできるデジタルデトックスをご紹介します。

雨の休日、できるだけリラックスした状態で体と頭を休ませて、リフレッシュの時間に充ててみてください。

雨の日の過ごし方

休日の朝、何となく体が重く、すっきりしない気分で外を見ると雨だった。そんな経験をしたことがある人は少なくないのでは?

雨の日、気になる疲れの原因が思い当たらないのに、体が重かったり、眠気が抜けなかったりするのは、体が自然に雨の日を察知して、リカバリーモードでもある「副交感神経」が働くから。

つまり、雨の日には体内のエネルギーが細胞の修復と再生に使われ、疲労回復の効果があるということです。

そして、この「疲労回復」は肩・腰・脚などだけに働きかけるものではありません。

今や片時も手放すことのなくなったスマホやインターネットにより、私たちの脳は常に情報過多に陥り過労状態になっています。

この脳疲労に対してもリカバリーモードが働きかけてくれるのです。

雨の日はできるだけリラックスした状態で体と頭を休ませて、リフレッシュの時間に充てるのがおすすめ、ということですね。

雨の日こそデジタルデトックスで頭と心を静めよう

インターネットは、その場にいながら知りたい情報を瞬時に集められたり、広範囲の人とつながれたりできる、とても便利なものですよね。

けれどもデジタルデバイスを使いすぎることで、膨大な量の情報が脳に負荷を与え、「判断力」「記憶力」「集中力」などの機能を低下させることもあるそう。

また、「眼精疲労」「スマホ首」などの身体的不調を生んだり、「SNS疲れ」やスマホが手元にないと落ち着かないなどの「依存」の問題をはらんだりもしていることもよく知られていますよね。

デジタルデトックスとは、これらの脳疲労やストレスを取り除くため、その原因となるパソコンやスマホなどデジタルデバイスを遠ざけることです。

仕事の日にはスマホが必要になることも多いでしょうが、休日に1日パソコンやスマホを使わないようにするだけでも、脳過労やストレスが軽減され心身をリフレッシュできますよ。

デジタルデトックスでスマホがなくなると、急に手持ち無沙汰になり、欠乏感につながってしまうことがあるかもしれません。

そのため、スマホを触っていた時間の使い方を、代わりの何かに置き換える方が取り組みやすくなるでしょう。

趣味に時間を費やしたりヨガで体を動かしたり、漫画を含む読書も良いですね。自分が夢中になってその世界に入り込み、無心になれる方がリフレッシュになりますよ。

先程、雨の日は脳や体を回復させるリカバリーに働きかける日だとお話ししましたね。そこで、おすすめしたいのが、雨の日のデジタルデトックス。

雨の日が体をリカバリーに向かわせることに加え、雨音を聞くことが血液循環や内臓、ホルモン分泌に働きかけ、脳に非常に良い影響をもたらすことがわかっているからです。

これは、一時期話題になった自然の不規則なリズム「1/fゆらぎ」の効果です。雨音を聞いてリラックスした後は、頭がすっきりし体調にも良い変化が見られることになるのだそうですよ。

また、何かに集中して物事をはかどらせたい時にも、雨音や波の音、小鳥のさえずり声など「環境音」がある方が、集中力を削がれず自分の作業に没頭できると言われていて、アプリでも人気になっています。

雨の日のデジタルデトックスは、情報過多で疲れた脳をリラックスさせ、集中力を高めて無心の状態を作りやすくなるので、心身のリフレッシュにつながりやすくなりますよ。

雨の日に使えるテントがおすすめ

雨音を聞きながら何かをすると言っても、家の中ではあまり外の音が聞こえなかったりもしますよね。それならば、外の世界でリラックスしながら雨音に耳を傾けてみてはいかがでしょう。

子どもの頃、雨の中傘をさして、傘に下に響く雨のリズムを楽しんだ記憶はありませんか?

傘のように張った布なら雨の音色を聞きやすいので、屋上テラスに防水性の高いアウトドア用ワンタッチテントを張り、その中に響く雨音を聞きながら過ごしてみるのもおすすめですよ。

また、グランピングでも人気の透明のドーム型テント『ガーデンイグルー』なら、雨音を聞きながら、ドームを伝って流れ落ちる雨の様子を眺めることもでき、よりリラックスして過ごせそうですね。

デジタルデトックスでそばに置きたいアイテム

デジタルデトックス中のテント内、あまり物が多すぎては気が散りやすく落ち着けそうにないですよね。シンプルでありながらも落ち着いて過ごすには事足りる、使い心地の良いアイテムをそばに置いておくと良いですよ。

【ランタン】
薄暗いテントの中で、淡い明かりを灯したり、ゆらゆら揺れる炎を再現したりすることで、癒やしの空間を作れます。

【肌触りの良いラグやビーズクッション】
第3の脳とも言われる皮膚は、肌触りの良いものを触ることでストレス軽減につながるホルモンを生成します。柔らかいラグを指先で撫でたり、自由に体勢を変えられるビーズクッションに体を預けたりしてリラックス効果もアップしますよ。

【サイドテーブル】
小さなものを乱雑に置かず、すっきりまとめておくのにちょうど良いのがサードテーブル。飲み物や本を置いたり、ちょっとした作業をしたりするのにも役立ちます。

【コーヒーの入ったタンブラー】
コーヒーの香りは、心がほっこり落ち着きますよね。保温性の高いタンブラーなら温かさも長持ちしますよ。

【防水ポータブルスピーカー】
デジタルデトックスなのにデジタル機器?と思うかもしれませんが、波の音など「1/fゆらぎ」の心地良い環境音や、心を落ち着かせる音楽に聞き入るのも癒やしのひと時になります。

自宅が自然の音が入ってくるような場所ではない場合には、自然の音を流すのもありなのではないでしょうか。

たまには便利さを手放して

瞬時に手に入る情報でマルチタスクをこなせても、過剰な負荷は脳や体に不便を強いることにつながるようです。

雨の日に、あえてテントの中で過ごすデジタルデトックスは、閉ざされた空間だからこそ、少ない事象に深く注意を向け、凝り固まった脳がほぐされていくのかもしれませんね。

たまにはゆっくりと雨音に耳を傾けながら、スマホやSNSに縛られないアナログな世界で、心と体を解放してみましょう。

管理人

588,883 views

&RESORT Life(アンドリゾート ライフ)とは 日常をリゾートのような時間を過ごせるライフスタイルへ。 屋上テラス、ウッドデッキ、プール、インテリア...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧