寒くても寝起きに屋上テラスに5分間出た方が良い理由とは?

プライベートスペース

自宅でリモートワークする人の増加や、プライベートで外出を控えることも多くなり、必然的に家で過ごす時間が増えています。

そんな中、ラッシュアワーの通勤ストレスが減ったと喜ぶ声が上がる一方で、この生活様式の変化に思いのほかダメージを受けている人も少なくないよう。

今までと違った生活リズムにより、体内のリズムに変調をきたしてしまったことも原因のひとつとか。

そこで今回は、体内時計と自律神経を整える日光浴についてお話ししたいと思います。

おうち時間が多くて自律神経が乱れがちに

リモートワークが始まり、「毎朝定時に会社に通っているときと比べ生活リズムが狂ってしまった」「体を動かす機会が減ってしまった」「仕事とオフの切り替えが上手くいかずイライラしがち」「今まで気にならなかったことにまでストレスを感じる」と思っている人は多いのではないでしょうか?

一見大きな問題には見えなさそうなところですが、これらの問題が蓄積していくと、体や心に不調をきたしてしまう原因になることも。

人は過剰なストレスにさらされたり体内時計のリズムに狂いが生じたりすると、日中起きている時間帯に働くべき交感神経と、夜休んでいるときに働くべき副交感神経のバランスが崩れ、自律神経の乱れを引き起こしてしまうことがあるからです。

自律神経は、昼夜を問わず体内のあらゆる器官の働きをコントロールし、生命を維持する重要な役割を担っています。

そのため、自律神経が乱れると動悸やめまい、倦怠感,頭痛や肩こり,胃腸のトラブルなど身体的な症状もあれば、気分が晴れない,不眠,抑うつ傾向などのように心の不調を感じる場合もあるそうです。

小さな不調も些細なことと考えず、おうち時間が多い生活の中でも、毎朝定時の起きるようにしたり、朝の散歩など体と心が心地良いと感じる行動や習慣を取り入れたりして、体の中のリズムを整えるように心がけましょう。

朝の日光浴がもたらす効果とは?

さて、体の中のリズムを整えるということですが、人間には体内時計があるということを耳にしたことはありませんか?

人間の体内時計はおよそ24時間10分前後のリズムで働くと言われており、1日の時間との間に10分ほどの誤差があります。

毎朝規則正しく起きていると、体内時計が毎朝リセットされてずれも生じにくいのですが、体内時計がリセットされずにいると寝つく時間が毎日10分ずつ遅くなり、しまいには昼夜が逆転してしまうことに。

この体内時計をリセットする最も良い方法が、「毎朝5分の日光浴」。

朝の日光浴は脳内物質セロトニンの分泌を促し、すがすがしい気分や意欲・集中力がアップします。そして夕方からは、午前中に十分作られたセロトニンをもとに睡眠物質メラトニンが分泌され、質の高い睡眠が取れるようになるため、脳の疲労やストレスの解消にもつながります。

このように体内時計が整っていると、夜間と日中の睡眠・覚醒や、体温調節やホルモンのバランスがコントロールされ、心身を健康な状態に整えることができるのです。

毎朝の日光浴で得られるメリットは、ほかにもあります。それは、ビタミンDの生成。

カルシウムの吸収を助ける働きを持ち骨粗しょう症の予防でも知られるビタミンD。食事からも接種できますが、日本人のおよそ8割に不足していると言われています。

ビタミンDは、皮膚に紫外線が当たることで生成され、1日に必要とする量のビタミンDはおよそ15分~30分の日光浴で補うことができるそう。

UVクリームなど紫外線対策をしていると効果も薄まるということなので、UV対策をして外に出る機会が多くなる日中より、比較的日差しの弱い朝に日光浴をするのは理にかなっているとも言えますね。

朝時間、屋上テラスに出て何をする?

「では健康のためにも、これから毎朝日光浴をしましょう!」という目標を立てたとします。けれども、朝の忙しい時間に改めてのんびり日光浴を取り入れるのは難しい場合もありますよね。

また、新しい行動や習慣を取り入れるとき、強い気持ちで取り組むのもよいですが、あまり気負わずに取り組む方が意外と継続しやすかったりするものです。

できれば機械的に動ける朝のルーティーンに組み込んでしまうなど、無理なく気負わずに取り組める方法を考えてみましょう。

最近は朝時間を有効活用できるルーティーンがいくつも紹介されていますよね。自宅の屋上テラスは日当たりも良いので、そこに紫外線を浴びられる行動や習慣を組み合わせてみると良いのではないでしょうか?

1.洗濯または洗濯物を干す
夜のうちにタイマーをセットしておき、朝起きてから屋上テラスで洗濯物を干せば、日光浴と家事の両方をいっぺんに行えますよ。

2.水やり

朝起きて日光を浴びながらガーデニングの植物に水やりをしてみては。毎日植物を目にする機会を作ることにもなりますので、ストレス解消や癒やし効果も期待できますね。

3.軽い掃除
屋上テラスの掃除をどれくらいの頻度で行うかは、意外と家庭によってまちまちのよう。朝起きて日光浴のついでに軽くはき掃除をしたり、夏の朝は打ち水をしたりという習慣を作っておけば気分もスッキリしますし、屋上メンテナンスの一環にもなりますよ。

4.コーヒータイム
朝起きて、コーヒーや白湯などを飲む習慣がある人は多いでしょう。頭や体を目覚めさせる一杯も朝日を浴びながら飲むことで、よりクリアな目覚めになりますよ。朝食を取れれば咀嚼も加わりますので、セロトニン分泌もさらにアップできます。

朝のルーティーンで活動的な一日に!

日光浴の時間も朝の貴重な時間にルーティーン化してしまうことで、わざわざ時間を作る必要もなく効率よい一日のスタートを切ることができますね。

朝日を浴びるだけなら日当たりの良い窓辺でもよさそうですが、一歩外に出て深呼吸することで新鮮な空気を取り込めるのはさらなるプラスになります。

屋上テラスは四方に開けていて日当たりも通気も抜群ですから、メリットを十分に生かして、健康作りに役立てていきましょう。

管理人

919,203 views

&RESORT Life(アンドリゾート ライフ)とは 日常をリゾートのような時間を過ごせるライフスタイルへ。 屋上テラス、ウッドデッキ、プール、インテリア...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧