狭いお家でもワークスペースが欲しい!個室がなくてもできる仕事場づくりのコツ

お部屋づくり

画像:Unsplush

リモートワークが推奨されるようになり、自宅のワークスペースを必要としている方も増えています。でも個室を用意することは難しい、ワークスペースをつくる場所がない…とお悩みの方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、個室がなくても狭い空間でつくれる「ワークスペース」づくりのコツをご紹介します。

狭い空間にもワークスペースはつくれる!

画像:Unsplush

リモートワークを取り入れる企業も増え、自宅に「快適な仕事環境を整える」ことが求められるようになりました。専用の仕事部屋「書斎」を持てれば、仕事のオンオフを切り替えやすくリモート会議などにも対応しやすくなりますが、住宅事情によっては用意することが難しいこともありますよね。

そこで注目されているのが、リビングやダイニング、収納スペースなどの一角に小さくつくるワークスペース。専用のデスクとチェアそして収納棚があればできるワークスペースは、工夫次第でどこにでもつくることができるのです。ぜひ、これからご紹介するアイデアを参考にしてみてください。

狭い空間につくる、ワークスペースのアイデア

画像:Unsplush

1.デッドスペースにデスクを置く

限られた空間にワークスペースをつくるなら、「デッドスペース」に注目してみましょう。たとえば、中途半端に空いている壁と家具の間、お部屋のコーナー部分、キッチンカウンターの脇、収納スペースなど探してみると意外に見つかるものです。そのスペースに置けるデスクとチェアを用意すれば、ワークスペースになります。お部屋を広く見せるなら壁向きにデスクを配置すると、すっきりとしたインテリアに仕上がりますよ。

2.窓の前にデスクを置く

開放的な雰囲気をお好みの方にいは、明るい光が差し込む窓際にデスクを置くのがおすすめ。窓際は家具などを置きづらい場所なので、意外に空いているというご家庭は多いのではないでしょうか。外の景色を見ながら作業できるので、時折目を休めることもできます。また、自然光で手元が明るくなり昼間の作業がしやすいのも魅力です。パソコンに光が反射して見えづらい場合は、光を調節できるブラインドなどを設置しておくとよいでしょう。

3.デスクはコンパクトサイズに

狭い空間にワークスペースをつくるなら、一般的なデスクのサイズにこだわらないのもポイントです。パソコンや周辺機器が置けるなど、必要最低限のスペースが確保できればよしとしましょう。場所を取りたくないなら、奥行きの浅いデスクがおすすめです。資料を置くスペースが必要になった場合は、ワゴンタイプの収納を取り入れると便利に使えます。

4.デスク周りの収納は最小限に

文具や仕事に必要な道具など細々としたモノを置く場合は、ボックスや小さな引き出しケースなど小物入れをひとつ用意しておきましょう。インテリアになじむ、お好みのデザインを選べば気分も上がります。

5.収納棚とデスクの位置を離す

デスクと収納棚が近ければ作業効率がアップしますが、収納をつくるスペースが確保できない場合はデスクから離れた場所に設置してもOKです。家族と共用ではなく、仕事用の収納棚をつくると、探す手間も省けモノの出し入れがスムーズになります。

6.キッチンカウンターを活用

ワークスペース専用のデスクが用意できれば理想的ですが、どうしても置く場所がない場合はキッチンカウンターなど既存のスペースを仕事場にするのもひとつのアイデアです。ただしキッチンカウンターは高めに設置されている場合があるため、チェアの高さを揃える必要があります。長時間の作業には向きませんが、場所をとらずワークスペースをつくることができるアイデアです。キッチンカウンターをワークスペースにすると、仕事と家事を並行して進めやすのがメリット。キッチンカウンターの下に奥行きの浅いデスクを設置すれば、より使いやすくなります。

ライフスタイルや住まいに合ったワークスペースを

画像:Unsplush

集中できる、仕事がしやすい、家事と平行できる、子どもの様子を見ながら仕事ができるなど、ワークスペースに求めることは人それぞれ。狭いからと諦めず、工夫すれば小さくても自分だけのワークスペースをつくることはできるはずです。あなたもぜひ、コンパクトなデスクと収納棚を用意して、ライフスタイルに合ったワークスペースをつくってみてはいかがでしょうか。

andresortlife_editor

43,824 views

&RESORT Life(アンドリゾート ライフ)とは 日常をリゾートのような時間を過ごせるライフスタイルへ。 屋上テラス、ウッドデッキ、プール、インテリア...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧