リラックスできるお部屋に。インテリアとしても素敵な「香りのアイテム」集

テクニック

画像提供:ACTUS

日々を心地よく暮らすために、取り入れたいのが香り。不思議なもので、香りから記憶が呼び起こされたり、元気になったり、ほっとしたり…豊かな気持ちをもたらしてくれるものですよね。今回は、気軽に香りをお家に取り入れるアイテムやアイデアをご紹介します。心地よい空間づくりのヒントにどうぞ。

あなたはどんな「香り」を選びますか?

好きな香りで満たされたお部屋にいると、心地よいと感じる方は多いのではないでしょうか。特に天然の植物から抽出した精油がもたらす香りは、心を落ち着かせてくれてリラックスした気持ちになれると言われています。

でも、フローラル系・柑橘系・スパイス系などさまざまな香りがあるなかで、何を選んだら良いのかわからないことも。そんな時には、「自分の好きな香り」「心地よいと感じられる香り」をシンプルに選ぶと良いのだそう。

また、寝室や玄関など役割のはっきりとしたお部屋で香らせる場合は、安眠できる香り、しゃきっとする香りなどショップスタッフさんに尋ねて取り入れてみてはいかがでしょうか。

それでは、インテリアとしても素敵な香りを気軽に取り入れられるアイテムをご紹介します。

※体調によって使用しない方が良い香りもあるため、説明書きをしっかり読んだりショップスタッフさんに確認したりしましょう。

インテリアとしても素敵。香りのアイテム集

画像提供: ACTUS

火を灯さなくても香る「アロマキャンドル」

優しい光が広がる「アロマキャンドル」。素敵な香りがついたものは、火を灯さなくてもほのかに香るのでお好みで選んでみてはいかがでしょうか。

インテリアとして飾るなら、サイズを大小ランダムに揃えて並べると雰囲気のあるディスプレイに。火を使うことが心配な時には、LEDタイプのキャンドルを取り入れるアイデアも。本物の炎が揺らぎ、くつろぎの空間を生みだします。

こちらの写真は、天然香料で香りがつけられたベジタブルワックス・パラフィンワックスのキャンドルです。火を灯さなくてもほのかに香るのが魅力。洗練されたパッケージで、モダンインテリアによく合います。

スティックタイプのルームディフューザー

画像提供:ACTUS

スティックタイプのルームディフューザー「リードディフューザー」も人気のアイテム。フレグランスオイルをスティックに吸い上げ、蒸発させて香りを届けます。

さりげなくお部屋に置くだけで、クラス感のあるインテリアをつくるリードディフューザー。スティックの本数を増減することで、香りの強さを調整できるのも魅力です。ディスプレイのひとつとして、リビングや寝室などにいかがでしょうか。

画像提供:ACTUS

こちらは、籐のスティックをボトルに挿し、香りを楽しむルームフレグランス。スマートなデザイン・シンプルなカラーなので、洗練されたホテルライクなインテリアにもマッチしそう。

さっとひと吹きで香りが広がる「ルームスプレー」

画像提供:ACTUS

香水のように、さっとひと吹きするだけで香りが広がる「ルームスプレー」。気になった時にスプレーするだけで、気軽に香りを楽しむことができます。お掃除後など、香らせたいと思った時に使うのがおすすめ。他のアイテムに比べて持続時間は短めなので、普段は香りがない方が好き、という方にもおすすめです。

クローゼットなどで使いたい「サシェ」

画像提供:ACTUS

乾燥させた花やハーブ、香料などを袋に入れた「香り袋」がサシェ。袋のまま吊るしたり置いたりして使う香りのアイテムです。クローゼットの中に掛けたり、引き出しやバッグなどにしのばせておけば、優しく香ります。香りがそれほど広がらないため、小さな空間で使うのに向いているアイテムです。

香りのアイテムで、リラックスできるお部屋に

今回ご紹介した以外にも、アロマオイルを使った香りのアイテムやお香など、さまざまな種類があります。あなたもぜひ、お好みのタイプを見つけて、お部屋をもっと心地よくリラックスできる空間にしてみませんか。

伊野奈緒美

92,518 views

福岡のフリーライター。Naomi.Spring代表。WEB媒体を中心に、インテリア・ライフスタイル・ファッションなどをテーマに記事を執筆しています。趣味は、...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧