リモートワークがはかどる!「ワークスペース」のつくり方

お部屋づくり

リモートワークをする方が増えている昨今、ワークスペースをつくりたいけれど何から手をつけて良いのかわからない…とお悩みの方は多いのではないでしょうか。今回は、自宅で仕事をする時にできるだけ「はかどる」空間づくりをするために意識したいポイントと、ワークスペースに揃えたい「リモートワーク」アイテム集をご紹介します。

「ワークスペース」をおさらいしよう

働き方の多様化にともない、もはや自宅はくつろぐ場所だけではなく「仕事をする」場所にもなっています。オンとオフを切り替えることが難しくなるワークスタイルだからこそ、「ワークスペース」をつくり住まいのなかでの仕事場を明確にすることはこれからも重要視されることでしょう。

ここでまず、ワークスペースについておさらい。ワークスペースとは、その名のとおり家のなかで仕事をする場所のことです。家族と共有するリビング、ダイニング、廊下や収納スペースの一角などを使い、主にデスクやチェア、収納棚などを配置してつくります。小さなお子さんを見ながら仕事をする場合でも、目の届くところで仕事ができるのが魅力です。

ワークスペースをつくるメリットは?

ワークスペースがあれば、作業途中の資料などをそのままにしておくこともでき、パソコンの移動も必要がなく効率がアップ。また、自宅のなかでもこの場所にいる時には「仕事モード」になれるオンとオフの切り替えにも役立ちます。

さらにワークスペースは、子どもの宿題を見たり家計簿をつけたり趣味を楽しんだりと、仕事以外の用途でも活躍します。自宅で仕事をするなら、働くスペースをどこにどのようにつくるかを、まず家族と話し合うことをおすすめします。

「書斎」向きのタイプは?

書斎はワークスペースに変わりはありませんが、よりプライベート感のある「個室」であることが特徴。より集中して作業をしたい場合やリモート会議が多い仕事なら、書斎をつくることをおすすめします。小さくても壁やドアで仕切られていれば、音漏れや背景に気を取られず安心して仕事を進められます。

ワークスペースに揃えたい。「リモートワーク」アイテム集

奥行きのある「ワークデスク」

ワークスペースでは、パソコンを使って仕事をする方が多いのではないでしょうか。書き物だけならば奥行きが浅いスリムなデスクでも良いのですが、パソコン作業をするのならできれば「奥行きのあるデスク」を用意するのがおすすめです。以下を参考に選んでみてはいかがでしょうか。

・ノートパソコンを使うなら奥行きは40cm以上のデスクを

・デスクトップPCを使うなら、奥行きは50㎝以上のデスクを

・パソコンの横に資料を置きながら作業するなら、横幅90㎝以上がおすすめ

デスクを置く場所は、ライフスタイルや好みに合わせて考えてみてください。たとえば、家事を合間に入れながら仕事がしたい場合はキッチンのそばに、閉塞感のない外が眺められる場所がお好みなら窓際に置くのが良いでしょう。窓の近くにデスクを置くと、自然光によって手元が明るくなる、風通しが良いなどのメリットもあります。

長時間座ってもラクな「オフィスチェア」

集中力を高めるためには、できるだけストレスフリーな環境をつくることが大切。自宅にいてもスムーズに仕事モードに入れるよう、デスクやチェアなどの家具にはこだわりたいですね。特に準備したいのが、長時間座っていても腰に無理がないチェア。背もたれのカーブや大きさ、座面の奥行きや高さなど、人それぞれマッチするものは違います。以下をチェックしながら合うものを選んでみてはいかがでしょうか。

・背もたれの高さ 

(背もたれが高いハイバック、背面が低いローバック、ミドルバック)

・背もたれが動くロッキング機能の有無

・張地の種類

(ファブリック、メッシュ、合皮など)

・キャスターの有無

・肘掛けの有無

資料などがすっきり収まる「収納家具」

ワークスペースにぜひ置きたい家具が「収納棚」。仕事の道具が雑然と置かれていると、せっかく好みのインテリアにしていても残念ですよね。すっきりとした空間を保ち、使いやすさを高めるためにも、デスクの傍らに必要な資料が十分におさまる収納棚を用意したいところです。扉付きの収納棚は、見た目は美しいですが扉の開閉が少し不便。ワークスペースには、出し入れしやすいオープン棚を設置するのがおすすめです。

背景を目隠しできる「パーティション」など

リビングなどの一角をワークスペースにする場合、気になるのが家族の気配やリモート会議などで映ってしまう背景。そこで取り入れたいのが、さっと個室のような空間をつくることができる「パーティション」です。たとえしっかりと壁で仕切られていなくても、パーテーションやカーテンがあるだけでプライベート感を高めることができます。

仕事がはかどる、「自分らしい」ワークスペースに

個室である書斎をつくることが難しい場合でも、お好みの場所やデッドスペースを使ってつくれるのがワークスペース。今回ご紹介した以外にも、目に優しく心を癒してくれる観葉植物を取り入れたり、目にストレスがかかりにくい昼白色・昼光色の照明を取り入れたりするのも良いでしょう。あなたもぜひ、仕事がはかどるワークスペースづくりのヒントとして、お役立てくださいね。

伊野奈緒美

5,695 views

福岡のフリーランスライター。Naomi.Spring代表。WEB媒体を中心に、インテリア・ライフスタイル・ファッションなどをテーマに記事を執筆しています。趣...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。