屋上テラスで作る!流行のスキレットを使った簡単アウトドア料理

屋上一戸建て

スキレットは熱伝導性と蓄熱性が高く、食材を焼くのにも煮込むのにも適しています。直火でもオーブンやトースターでも使えるので家庭でもアウトドアでも大活躍。調理してそのまま出してもサマになるのも嬉しいポイント!

今回はそんな人気のスキレットを使った簡単レシピをご紹介します。

スキレットの選び方と扱い方

・選び方

ひとことで「スキレット」と言っても有名メーカーのものからホームセンターのオリジナルブランドなど幅広い価格帯のものがあります。最初はリーズナブルなものから使ってみるのがおすすめです。

また、サイズも小ぶりのものから30センチほどのものまで様々。
少人数のアウトドアや複数のスキレットで色々なお料理を楽しみたい時は小ぶりのものをサイズ違いで揃えるのもいいかもしれません。
ファミリー・大人数のアウトドアシーンでの肉料理など大ぶりのスキレットを使うとダイナミックで盛り上がるでしょう。

また、IHでも使えるものもありますので用途に合わせて選んでみてくださいね。

※ここでは直径約15cmのものを使っています。

・使い方

使い始めには購入時に施されているサビ止めを落とし、油ならしをします。 これを「シーズニング」と言います。 最初だけ洗剤を使って全体的に洗い、水分を拭き取って煙が出るくらいまで火にかけます。そのあと油を回し入れて野菜くず(にんじんの皮など)を炒めて冷まします。 この工程をしっかりとしておくことで後々の使いやすさが断然よくなりますのでがんばりましょう! ※中にはシーズニング不要のものや方法が異なるものもありますので説明書などをご確認ください。

スキレットを使った簡単メニュー

□タコとエビの変わりアヒージョ

おなじみのアヒージョをちょっとアレンジして。

©アイム・ユニバース

【材料】
オリーブオイル(1/3カップほど) 

にんにく(1〜2片) 

鷹の爪(1片)

タコ(足1本)・エビ(4〜5尾)

トマト(中2個 or 大1個) 

卵(1個) 

塩(小さじ半分)

1.タコの足はぶつ切り、エビは背わたを取る、トマトはざく切り、にんにくはスライスもしくはみじん切りに、鷹の爪は輪切りにする

2.スキレットにオリーブオイル、にんにく、鷹の爪を入れる

3.火にかけ、軽くふつふつしてきたらタコ・エビ・トマトを入れる

4.塩をふり、味を整える

5.玉子を中央に落としたら火を止め、余熱で火を通す

最後にパスタを絡めると旨味たっぷりのオイルを存分に楽しめます。

□野菜のフリッタータ

フリッタータはたっぷりの具材で作るイタリア版オムレツ。

©アイム・ユニバース

【材料】

季節の野菜(今回はブロッコリーを使います。その他、ほうれん草、ズッキーニなどでも)


オリーブ (スライス4〜5個分)

☆卵(3個) 

☆コンソメ顆粒(少々) 

☆塩(少々) 

☆生クリームまたは牛乳(大さじ1)

☆粉チーズ(大さじ1)



ブロッコリーはひと口サイズに切り、軽く下茹でする

卵液を作る:☆印の材料を混ぜ合わせる

スキレットをよく熱して油(小さじ2※分量外)をひき、ブロッコリー・オリーブを軽く塩胡椒(分量外)して焼き色がつく程度に炒める

2の卵液を流し入れ、菜箸でぐるぐると10回ほど混ぜる

蓋をして弱火で7〜8分蒸し焼きにする

じゃがいも・玉ねぎ・ベーコンなどでも美味しく作れます。

スキレットひとつで見た目にも美味しい簡単レシピ、ぜひお試しくださいね!

andresortlife_editor

17,810 views

&RESORT Life(アンドリゾート ライフ)とは 日常をリゾートのような時間を過ごせるライフスタイルへ。 屋上テラス、ウッドデッキ、プール、インテリア...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。