【実例あり】対面キッチンのレイアウト|おしゃれにする方法を紹介

コラム

対面キッチンはダイニングやリビングの様子を見ながら料理ができるため、家族とコミュニケーションが取りやすく、食事の準備や片付けがしやすいのが魅力です。

対面キッチンには「Ⅰ型・Ⅱ型・ペニンシュラ型・アイランド型」の4種類があります。

今回は対面キッチン4種類のレイアウトの特徴や事例に加え、対面キッチンをおしゃれにする方法を紹介します!

対面キッチンのレイアウトは4種類

対面キッチンとは、リビングやダイニングと向かい合わせになっているキッチンのことです。

対面キッチンのレイアウトは4種類あり、それぞれ特徴が異なります。まずは、対面キッチン4種類のレイアウトを確認していきましょう。

1.Ⅰ型
「Ⅰ型」は対面キッチンの中でも最も基本的なレイアウトです。コンロやシンクなどの作業台と食器や家電を収納するためのカウンターが平行に並んでいます。

作業スペースと収納スペースが分けられているため、洗い物や調理作業がしやすい特徴があります。

また、カウンターには食器や調理器具をたっぷり収納でき、出し入れしやすいのも良い点です。

2.Ⅱ型
「Ⅱ型」は「Ⅰ型」と同様にカウンターが平行に並んでいて、リビング側にシンクと調理台、壁側にコンロが設置された作業台があり、調理スペースが2ヵ所に分かれているレイアウトです。

壁に向かって加熱調理をするため、煙やにおいがⅠ型よりも多少抑えられる特徴があります。調理スペースが2ヵ所あるため、広々と料理したい人に最適なレイアウトです。

3.ペニンシュラ型 
ペニンシュラ型はキッチンカウンターが左右どちらかの壁に接しているキッチンを指します。キッチンカウンターの前には一切壁がなく、シンクやコンロなどすべてリビング側から見えるのが特徴です。

また、左右どちらかの壁に接しているため、片側からのアクセスしかできないレイアウトになっています。

キッチンへの侵入も防ぎやすいので、小さなお子さんやペットがいるご家庭にもおすすめです。

4.アイランド型
アイランド型はキッチンカウンターが四方が壁に接していない、独立しているタイプのキッチンです。アイランドは「島」を意味し、海に浮いている島のようなレイアウトが特徴です。

対面キッチンの中で最も開放感がありデザインもおしゃれですが、調理中に水や油がはねやすいデメリットがあります。

しかし、キッチンをぐるりと囲むことができるため、家事導線がスムーズであることや、数人で料理を楽しむのに最適なのがメリットです。

対面キッチンのレイアウト事例3選

対面キッチンを取り入れた場合、ダイニングはどの位置にすれば良いのか悩んでしまうかもしれません。

ここでは、対面キッチンとダイニングのレイアウト事例を3つ紹介します。

1.対面キッチンの横にダイニングを設置するパターン

対面キッチンの真横にダイニングを設置すると、リビングスペースが広く見渡せるレイアウトになります。キッチンとダイニングスペースが対面になっていないのが特徴です。

キッチン横にスペースがあり、テーブルや椅子を置けるくらいのゆとりがある10畳以上の間取りに向いています。

できるだけ食事をするスペースとくつろぐスペースで分けたい人にもおすすめのレイアウトです。

2.対面キッチンの前にダイニングを設置するパターン

対面キッチンの前にダイニングを設置すると、料理の配膳や後片付けがしやすいレイアウトになります。

また、ダイニングから一直線にリビングスペースを設ける間取りも人気で、キッチンからダイニングとリビングの両方を見渡せるのが魅力です。このレイアウトの場合は12畳や15畳など、広い間取りに向いています。

お子さんが遊んでいる様子を見ながら料理や片付けができ、コミュニケーションが育めるのもポイントです。

3.ダイニングカウンターがついた対面キッチンのパターン

ダイニングカウンターがついた対面キッチンは、ダイニングテーブルの代わりになるためスペースを有効活用できます。

ダイニングカウンターがついたタイプなら、賃貸や一人暮らしなど8畳程度の狭いスペースにも設置可能です。

家族の人数が少ない場合や大きなダイニングテーブルを置きたくないという人に向いています。カフェやバーのようなおしゃれな雰囲気を楽しめるのも魅力です。

対面キッチンをおしゃれにする方法2つ

対面キッチンをおしゃれにするには、リビングダイニングとテイストを合わせることや、照明にこだわるなどの方法があります。

ここでは、対面キッチンをおしゃれにする方法を2つ紹介します。

1.リビングダイニングと同じテイストにする
対面キッチンはリビングダイニングと空間がつながっているため、LDK全体を同じテイストにするのがおしゃれに見せるポイントです。

例えばキッチン内のカウンターや棚が白を基調としているなら、ダイニングテーブルや椅子も白にして統一感を出すと良いでしょう。

また、キッチン内に木製の棚などを使用しているなら、リビングダイニングにも木製のテーブルや椅子などを置いてナチュラルテイストに仕上げるのもおすすめです。

テイストを揃えることで、おしゃれで落ち着いた雰囲気が演出できるでしょう。

2.照明にペンダントライトを使う
キッチンカウンター上の照明にペンダントライトを使うことで、カフェのようにおしゃれな空間が作れます。

ペンダントライトのカバーの色は黒や紺といったシックな色から、黄色や赤などのポップな色まで種類も幅広いため、テイストに合ったものを選ぶと良いでしょう。

電球は暖かみのある色を選ぶと、バーにいるような大人な雰囲気を味わえます。

ペンダントライトを取り入れる際は、吊るすワイヤーの長さや割れにくい素材を選ぶなどの安全対策も怠らないようにしましょう。

広さや目的に合わせたレイアウトでおしゃれな対面キッチンを

対面キッチンのレイアウトは「Ⅰ型・Ⅱ型・ペニンシュラ型・アイランド型」の4種類があります。それぞれの特徴を理解して目的にあった種類を選ぶのがおすすめです。

また、対面キッチンとダイニングのレイアウトは、家族の人数や広さで決めるのも良いでしょう。

新築で対面キッチンを検討している人は、ぜひ一度ハウスメーカーや施工会社に相談してみてはいかがでしょうか。

管理人

2,026,125 views

&RESORT Life(アンドリゾート ライフ)とは 日常をリゾートのような時間を過ごせるライフスタイルへ。 屋上テラス、ウッドデッキ、プール、インテリア...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧