コンパクトに気軽に使えるシングルバーナーを紹介!

おすすめキャンプ用品

最近は、自宅の屋上テラスでアウトドアを楽しむ人も増えていますよね。

屋上テラスで過ごしながら食事をしたり、ゆっくりコーヒーを味わったりするのは、自宅にいながらでも、アウトドアの雰囲気を楽しめて気分もリフレッシュできるのが良いですよね。

けれども、毎回炭火を用意してアウトドア料理に取り組むとなると、準備から後片付けまで時間も手間もかかります。正直なところ大変だな、と感じている人もいるかもしれません。

そこで今回は、家族や夫婦でちょっとアウトドア気分を楽しみたい時、もっと手軽に料理をしたり、コーヒーを入れたりするのに便利なシングルバーナーを紹介します。

シングルバーナーとは

キャンプなど屋外で料理したりお湯を沸かしたりする時に持っていると便利なのが、バーナーです。

燃料の容器と五徳、火が出るバーナー部分のみというシンプルな構造のため、軽量かつコンパクトで簡単に持ち運べます。

また、場所も取らず、なおかつ器具をセットして着火するだけですぐに使えますので、その機能性の高さから、極力荷物を抑えたい本格的な登山やバイクのツーリング、ハイキングの際に愛用する人も多いようです。

簡易にセットできるひとくちコンロなので、簡単な調理やコーヒーのお湯を沸かすのには十分役立ってくれますよ。

キャンプバーナーの燃料に使われているのはガス・ガソリン・灯油の3種類。

ガソリンや灯油は、揮発性が高かったり液体の扱いに慣れるのが難しかったりするという点から、中級車や上級者の向いていると言えるかもしれません。

ガスの場合は、すでに缶に入った状態のものを使いますので持ち運びやすく、ガス缶をつなぐだけで簡単に火をつけられるため初心者でも扱いやすく、すぐに使用できるでしょう。

シングルガスバーナーのタイプ

シングルガスバーナーの選び方でポイントになるのは、燃料であるガス缶のタイプと一体型か分離型と言うところでしょう。

シングルバーナーの燃料であるガスもCB缶とOD缶の2種類があり、それぞれに特徴があります。

併用はできませんので、どの組み合わせのシングルバーナーを選ぶのが良いのか特徴を見て参考にしてみてください。

【OD缶】
アウトドアで使うことを目的として作られた燃料ですのでOD缶と呼ばれています。CB缶より容器が丈夫に作られているほか、気化して燃焼しやすいガスを多く含んでいるため外気の影響を受けにくく安定した火力を得られるという特徴があります。サイズも豊富なので、用途に合わせて選べるのも便利ですね。

デメリットは、アウトドア専門店やホームセンターなどに行かないと手に入らないことや、CB缶に比べると値段が高いというコストの差が挙げられます

【CB缶】
いわゆるカセットボンベ缶のことです。卓上コンロでも使われていますので、コンビニやスーパーでも安く手に入ります。ただ、アウトドア向けの燃料ではないため寒さが厳しい環境下では出力が安定しない、また、缶自体の耐久度もOD缶と比べるとあまり高くないというデメリットがあるようです。

とは言え、自宅の屋上テラスのアウトドアや簡易キャンプにおいてであれば、十分利用価値はあると言えるでしょう。

一体型シングルバーナー:
一体型は、バーナー部分をガス管の口に直接取り付けます。クッカーに収納しコンパクトに持ち運べますので携行性を重視する場合におすすめです。

調理時は重心が高くなり安定性に劣るため、湯沸かしや小さな調理器具で作る簡単な料理、少人数でのキャンプに使うのが良いでしょう。

分離型シングルバーナー:
分離型は、バーナー部分とガス缶がホースでつながっているものです。五徳が床面に直接置かれるため重心を低くでき、大きめの鍋を使った調理でも安定感があります。また、一体型よりも強い火力を使えますのでメニューも増やしやすく、大人数でのキャンプにも使いやすいキャンプバーナーです。

ただ、一体型に比べ燃費が悪くなりやすいデメリットありますので、購入前に燃焼時間をチェックしておくと良いですよ。

そして、いずれのタイプにも言えることですが、キャンプバーナーの性能を十分に発揮させたいならば、バーナーとガス缶は同じメーカーを選んで使うことをおすすめします。

また、そのほかにも着火方法や火力調節のしやすさなどを考慮しながら選ぶと後々の使いやすさに違いが出るでしょう。

使用の注意点

火の取り扱いがある場合は安全に注意を配りながら、キャンプの時間を楽しく過ごしたいところ。

取り扱いやすいガス缶でも自己流の使い方では危険ですので、必ず定められた方法で使用しましょう。

また、調理中の鍋の落下やシングルバーナーの転倒事故を防ぐためにも、平らな設置場所を選ぶように気をつけましょう。

ガス缶につけるホルダーやトレーなど、安定性を高めるアイテム利用するのも対応策になりますよ。

もっと気軽にキャンプを楽しめる

炭や薪を使わずに簡単に調理ができるシングルバーナー。重い荷物を運ぶことも手や服が炭で汚れることもなく気軽にアウトドアでの料理ができますね。

屋上テラスのアウトドアもなら、さらにピッタリな器具と言えそうです。

次のキャンプではシングルバーナーを取り入れて、もっと気軽にアウトドアを楽しんでみませんか。

管理人

730,632 views

&RESORT Life(アンドリゾート ライフ)とは 日常をリゾートのような時間を過ごせるライフスタイルへ。 屋上テラス、ウッドデッキ、プール、インテリア...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧