涼しくなった今の時期にもぴったり!屋上テラスで温まる大根料理を食べよう

屋外料理

「涼しくなってきたし屋上テラスで食事するのはそろそろ厳しいかな……」なんてあきらめていませんか?

屋上テラスでもこの時期だからこそぴったりなメニューがあります。それは、温かい鍋料理や汁物などです。しかも、旬な食材を使った料理なら、なおさらおいしいですよね。

そこで今回は、手頃な価格で手に入りやすい『大根』を使った、体が温まるレシピを紹介します!

大根の旬はいつ?

スーパーや八百屋などでいつでも手に入る大根ですが、秋から冬にかけてが旬の時期とされています。

品種改良によって春や夏でも買うことができますが、国内で最も多く市場に出回っている『青首大根(あおくびだいこん)』は10月~2月が一番おいしい時期です。

旬の大根はみずみずしく、甘さがあるのが特徴で、煮物やサラダに適しています。また、春や夏の大根に比べて辛みが少ないため、大根おろしにしてもおいしく食べられるでしょう。

ちなみに、冬の大根はなぜ甘味が増すのでしょうか。それは、寒さで大根が凍るのを防ぐため、根に糖分を蓄えるからです。植物の生き残り戦略によって甘みのあるおいしい大根が作られていたのですね。

体が温まる大根のおすすめレシピ

サラダに煮物、炒め物に汁物の具材などなど…どんな料理にもマッチする万能野菜と言っても過言ではない大根。

ここでは屋上テラスでも調理しやすく、体も温まるメニューに厳選しておすすめレシピを3つ紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

特製味噌だれで簡単『ふろふき大根』
米のとぎ汁などを使わず、簡単に作れるふろふき大根のレシピです。手作りの味噌だれが大根のおいしさを引き立ててくれますよ。

【材料】(4人分)
・大根  1本
・昆布  10cm角
・柚子(皮) 適量 

~味噌だれ~
・砂糖   大さじ6
・味噌   大さじ4 
・みりん  大さじ1.5
・酒    大さじ3

【作り方】
①大根は皮をむき、4~5cmほどの輪切りにしたら裏面に十文字に切れ込みを入れます。こうすることで火の通りが良くなります。

②鍋に大根と昆布を入れ、大根がかぶるくらいの水を入れます。中火にかけ、煮立ったら弱火にしてそのまま30~40分ほどコトコト煮込みます。

③大根を煮ている間に味噌だれを作ります。小さめの鍋に味噌だれの調味料を全て入れ、弱めの中火にかけます。ヘラなどでかき混ぜながら3~4分煮詰めていきましょう。どろっとしたとろみ加減になればOKです。

④②の大根に竹串がスーッと通ったら火を止め、大根を器に盛り③の味噌だれをかけ、お好みで柚子の皮を乗せて完成!

【ポイント】
味噌は赤味噌、白味噌、どちらでもかまいません。甘い白味噌の場合は砂糖の量を減らすなどして調整してください。また、味噌だれを作る際には、鍋に焦げ付かないよう注意しましょう。

大根に味が染み込む『具だくさんおでん』
大根はおでんの中でも人気の具材ではないでしょうか。大根の他にもお好みの具材をたくさん入れて、家族や友人とワイワイ楽しめるおでんは、冬のアウトドア料理にぴったり。

寒い日でも体の芯から温まりますよ。

【材料】(4人分)
・大根           2/3本    
・ウインナー        12本ほど
・こんにゃく(アク抜き済み) 2パック 
・卵 4個
・その他ちくわ、はんぺんなど…お好みの具材

~おでん出汁~
・水          1000ml
・酒、しょうゆ、みりん 各大さじ2
・顆粒だし       大さじ1
・塩          適量

【作り方】
①大根は皮をむき、2~3cm幅に輪切りにします。十字に切れ込みを入れると火の通りが良くなります。

※先に下茹でしておくと、おでんの出汁が染み込みやすくなる上、時短になります。(沸騰したら弱火で15分程度)

②ウインナーはたて向きで串に刺していきます。こんにゃくは半分に切り、さらに斜めに三角切りにします。そして、網目状に軽く切れ込みを入れましょう。

卵はあらかじめ茹でて殻をむいておきます。また、お好みの具材は、食べやすいサイズに切っておきましょう。

③鍋におでん出汁の調味料(塩以外)を全て入れます。火にかけ、沸騰したら塩を少々入れて味を整えます。

④具材を全て入れ、煮込んだら完成!

【ポイント】
屋上テラスでおでんを楽しむ際のおすすめ具材は、大根に加え手軽に用意できるウインナーや練り物などです。「がんもどき」や「ちくわぶ」なんかも良いですね。

野菜たっぷり!栄養満点『けんちん汁』
大根やごぼう、にんじんなどの根菜類がたっぷり入ったけんちん汁です。豆腐やきのこ類も加えて栄養満点!おにぎりとの相性も抜群ですよ。

【材料】(4人分)
・大根    6cm程度
・にんじん   1/2本 
・ごぼう   1/2本
・長ねぎ   1/2本 
・しめじ 1パック
・絹豆腐    1丁
・だし汁   500cc
・しょうゆ  大さじ1
・ごま油   大さじ1
・塩     適量 

【作り方】
①まずは野菜の下ごしらえをします。大根、にんじんは皮をむいていちょう切りに。ごぼうはよく水洗いして土などを落としてから斜め切り、長ねぎはサッと水洗いして斜め切りにします。

しめじは小分けにしてから石づきを切りましょう。

②鍋にごま油を熱し、大根、にんじん、ごぼうなどの根菜類を先に炒めていきます。軽く炒めたら出し汁を加え、しばらくそのまま煮てアクを取ります。

③長ねぎと豆腐以外の具材を全て加え、煮込んでいきます。

④野菜がやわらかくなったきたら、豆腐と長ねぎを投入し、ひと煮立ちしたら最後に塩で味を整えてできあがり!

【ポイント】
先に根菜類を軽く炒めることで、煮る時間も短縮できます。豆腐は崩れやすく、長ねぎはクタクタになりやすいため、後から入れるようにしましょう。

屋上テラスで大根料理を食べてぽかぽかな秋冬を過ごそう

今回は旬の大根を使って作る、体を温めるのにおすすめのレシピを紹介しました。味付け次第で幅広くアレンジできる大根。サラダや漬物にしてもおいしいですが、特に寒い季節は煮込んだ料理が良いでしょう。

旬の大根がもつ甘みも感じられ、心も体もぽかぽか温まること間違いなしです。ふろふき大根や具だくさんのおでん、けんちん汁などはみんなで作って食べるのにも最適ですよ。

秋や冬にも家族や友人で集まって屋上テラスを活用したい人は、ぜひ今回紹介したレシピで温かな時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

管理人

730,659 views

&RESORT Life(アンドリゾート ライフ)とは 日常をリゾートのような時間を過ごせるライフスタイルへ。 屋上テラス、ウッドデッキ、プール、インテリア...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧