マンションのベランダ(バルコニー)と戸建の屋上テラス どう違う?

屋上スペース活用

新型コロナウイルスの影響によって、自宅の中で過ごす時間を充実させたいと考えている方も多いことと思います。

最近では、グランピングをベランダで行う「ベランピング」や、バルコニーを部屋のようにくつろぎのスペースとして利用する人を「バルコニスト」と呼ぶなど、新しいトレンドが生まれてきています。

この記事では、おうち時間の充実をテーマに戸建ての屋上テラスとマンションのバルコニー(ベランダ)の違い、それぞれの活用法やその際の注意点などについて取り上げています。

おうち時間の充実のために、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

屋上テラスとバルコニー(ベランダ)の違い

まず、屋上テラス・バルコニー・ベランダのそれぞれの違いについて考えてみたいと思います。

屋上テラスとは?

そもそもテラスとは、「大地・高台」などを指す言葉で、住宅のテラスは建物外部で地盤面より一段高くなったスペースを指します。

屋内からは窓や扉から出入りするので、ある意味では、部屋の延長という捉え方もできるかもしれません。

屋上テラスは、鉄筋コンクリート造や鉄骨造の屋上への設置が以前は主流でしたが、近年は木造住宅の屋根に屋上を設置し、そこをテラスとして活用するケースが増加しています。

建物屋上でアウトドアリビングや庭園として利用できるスペースとして活用するケースが多くなっています。

バルコニーとは?

バルコニーとは、2階以上の室外に張り出した屋根のない手すり付きのスペースを指します。

形状はベランダと同じですが、バルコニーのほうがスペースは広くなる傾向にあります。

マンションでは採光を良くするために各階の壁が段構造となっていますが、そういったケースにおいては下階の天井部分をルーフバルコニーとして活用するケースも多くなっています。

ベランダとは?

一方のベランダは、同じく2階以上の室外に張り出した手すり付きのスペースですが、屋根があるものを指します。

マンションのベランダは屋根がある分、バルコニーよりも面積は小さくなる傾向にあります。

また、ベランダをガラスで囲んだサンルームは、その意味でベランダの一種と言うこともできるでしょう。

屋上テラス活用法

屋上テラス・バルコニー・ベランダそれぞれの定義が分かったところで、それぞれの活用法について考えてみたいと思います。ここでは、屋上テラスの活用法について解説します。

アウトドアリビングとして活用

屋上テラスは、アウトドアリビングとしてゆったりとした時間を過ごすスペースに最適です。

コロナ禍で外出しづらい中、屋上テラスを活用した時間の過ごし方について注目が高まっており、昨今では、グランピング(充実した設備の中で行う豪勢なキャンプ)を自宅で行うベランピングが話題になっています。

屋上テラスは近隣や通行人の目もそれほど気にならないことから、キャンプやバーベキューを楽しむのに適していると言えるでしょう。

ガーデニングスペースとして活用

ガーデニングが趣味という方には、屋上テラスでのガーデニングもおすすめです。

植物が生活を豊かにするというのはもちろんのこと、日除けや目隠しとしての効果も期待できます。

特に屋上テラスの場合、屋上という性質上、太陽熱が蓄積することで直下の室内温度の上昇にもつながります。

屋上をガーデニングで緑化すると、土壌や植物が熱を遮ることで直下の部屋の気温を、

曇りの日で1〜2℃、晴れの日では2〜4℃下げるというデータもあるそうです。

屋上テラスでのガーデニングによって、緑が生活に与えるさまざまな恩恵を受けることができるでしょう。

屋上テラス活用時の注意点

屋上テラスであれば、近隣や通行人の目をそれほど気にすることなくプライバシーを確保できますが、近隣への配慮は欠かせません。

バーベキューの煙が立ち込める、酔いに任せて大騒ぎするなど、活用の仕方を誤るとトラブルの元となります。

また、屋上テラスは排水溝や排水路にゴミやホコリがたまりやすく、雨漏りの原因となる場合があります。

グランピング・ガーデニングのいずれにしても、日頃からこまめな清掃が必要となりますのでご注意ください。

バルコニー・ベランダの活用法

バルコニーやベランダでもベランピングやガーデニングは可能です。しかし、屋上テラスに比べると制約がありますので注意が必要です。

というのも、マンションのバルコニー・ベランダは専有部と考えがちですが、実は共有部であることがポイントとなります。

バルコニー・ベランダは、隣との境を薄い板で仕切られているかと思いますが、これは、火災などの避難時に蹴り破き、各戸のバルコニーやベランダを避難通路として活用することを想定しているためです。

従って、バルコニーやベランダを物で塞ぐことは、マンションの管理規約で禁止となっていることが多いので、ベランピングやガーデニングで使用した際の道具類は適宜撤収し、常に避難路を確保しておく必要があります。

まとめ

©アイム・ユニバース

ここまで、戸建ての屋上テラスとマンションのバルコニー(ベランダ)の違い、それぞれの活用法やその際の注意点などについて取り上げてきました。

コロナ禍でアウトドアを楽しみたいものの、感染リスクなどを考えるとどうしても二の足を踏んでしまうという方には、屋上テラスは自宅でありながらアウトドアを実現するためのツールとしては最適と言えるでしょう。

もちろん、ベランダやバルコニーでもグランピングやガーデニングは楽しめますが、屋上テラスの方がスペースを確保しやすく、制約が少ないことから、より活用の幅が広いと言えるでしょう。

ウィズコロナで、おうち時間の価値観が変化してきています。平日・休日ともに楽しく過ごせるおうちづくりの一案として「屋上テラス」を検討してみてはいかがでしょうか。

andresortlife_editor

17,812 views

&RESORT Life(アンドリゾート ライフ)とは 日常をリゾートのような時間を過ごせるライフスタイルへ。 屋上テラス、ウッドデッキ、プール、インテリア...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。