MENU

ニュース

2024.4.10

千葉銀行から「ポジティブインパクトファイナンス」による資金調達のお知らせ

この度、千葉銀行からポジティブインパクトファイナンスによる2億円の資金を調達しました。

詳細はプレスリリースをご確認ください。

 

■ポジティブインパクトファイナンスとは
「事業者の営業活動」が経済・環境・社会に与えるインパクト(ポジティブならびにネガティブな影響)を特定・評価し、ネガティブな効果を緩和しながらポジティブな効果を増大させ、SDGs達成を目指す融資手法です。
融資検討時の評価は千葉銀行と千葉銀行のグループ会社である株式会社ちばぎん総合研究所が共同して行い、事業者のKPI(目標)設定やその進捗管理を支援します。当該評価の客観性は株式会社日本格付研究所より第三者意見※1を取得して担保します。
本制度のフレームワークが国連環境計画・金融イニシアチブ(UNEP FI)※2の公表する「ポジティブ・インパクト金融原則」に適合していることも、同様に株式会社日本格付研究所より第三者意見を取得しています。

※1 ポジティブ・インパクト金融原則への準拠性、活用した評価指標の合理性についての第三者意見
株式会社日本格付研究所のウェブサイトをご参照ください。(https://www.jcr.co.jp/greenfinance/)
※2 国連の補助機関である国連環境計画(UNEP)と金融機関の自主的な協定に基づく組織。

 

アイム・ユニバースは「世の為人の為になるものを世の中に創造する」を企業理念に掲げ、先進性と付加価値の高い住宅・最高のサービスの提供に努めています。採用する製品を常にブラッシュアップし、断熱性・遮熱性・気密性に優れた住まいを提案しています。その取り組みが評価され、3月に発表された東京都主催の「東京エコビルダーズアワード」で「ハイスタンダード賞(断熱・省エネ性能部門)」を受賞しました。本アワードは「建築物環境報告書制度」の開始に先駆け、環境性能の高い建築物の普及に取り組む意欲的な事業者を表彰する東京都の取り組みです。
今後も住宅づくりを通しサスティナブルな消費慣行の実現に寄与する企業を目指して参ります。 

新着記事

6月15日(土)16日(日)の建物見学会はこちらから

『第50回 那覇ハーリー』に協賛

千葉銀行から「ポジティブインパクトファイナンス」による資金調達のお知らせ

新着情報一覧へ戻る