INTERVIEW9 – アイム・ユニバース
0120-74-6477
MENU

デザインにこだわって選んだ住まい。こだわりのインテリアで理想の暮らしに

INTERVIEW 9

2019.03.31
杉並区 Wさん邸

家族構成:ご夫婦+10代のお子様お2人

ご職業:ご主人様/自営業 奥様/専業主婦

ご主人様の趣味はスキー、奥様の趣味は部屋のデコレーション

ご家族そろってキャンプやスキーを楽しまれる仲良し家族

INTERVIEW 9

2019.03.31
杉並区 Wさん邸

家族構成:ご夫婦+10代のお子様お2人

ご職業:ご主人様/自営業 奥様/専業主婦

ご主人様の趣味はスキー、奥様の趣味は部屋のデコレーション

ご家族そろってキャンプやスキーを楽しまれる仲良し家族

スタッフ
マイホームを購入されようと思ったきっかけを教えてください。
ご主人様
主な理由は私の通勤で、こちらに引っ越す前は車で片道37kmの道を行きは2時間、帰りは1時間かけて、10年間通勤していました。もう少し近いところに引越したいと考えたのが理由の一つです。もう一つの理由は、子供たちは小学生から電車通学をしているのですが、下の子も(マイホームの購入を考えた当時)高学年になっていたので、通学距離をそこまで気にしなくても、自分で考えて行動できる年齢になったというのがあります。それから、賃貸マンションに住んでいて、手狭になったというのもありますね。
スタッフ
住まい探しをされる中で、バシレイオンとの出会いは?どのようなきっかけで知りましたか。
奥様
自分のインテリアの好みに合う物件をいろいろと見ていて、住宅情報サイトでバシレイオンの吉祥寺の物件を見て、すごく気に入ったんです。
スタッフ
エリアから物件探しをスタートするのではなく、デザインから入られたのですね!
奥様
そうです。でも、吉祥寺の物件はこちらよりも広くて、立地的にも価格が高くて手が出せなかったんです。それでどうしようかなと思って、吉祥寺の物件を建てた会社を調べたら、アイム・ユニバースさんが出て来たんです。
ご主人様
アイム・ユニバースさんのホームページを見たら、「お気軽に問い合わせください」と書いてあったので、早速電話したんですよ。そうしたら営業さんの携帯につながって、「今、実際に見られる物件があるので見学しませんか」と言っていただいたので、発売前の学芸大学の物件を見に行きました。価格帯や間取りは違いますが、「内装などのバシレイオンシリーズの特徴は同じです」と説明があり、これはいいなと思って。営業さんに「これから、この辺りのエリアで物件が出る予定はありますか?情報があったらください」とお願いしました。
その後、営業さんから10件くらいバシレイオンの情報をいただいて。まだ更地の状態の段階で、南荻窪もあれば、吉祥寺、関町もありました。
奥様
その中から2、3件に絞った中で、ここを選んだのは間取りが決め手でした。こちらはLDKが17.8畳あるのですが、他はLDKが12畳で横にもう1部屋ある間取りで、LDKとして15畳は欲しいなと思って決めました。
ご主人様
場所は後からついてきた感じですね。
スタッフ
お住まいを探すときに、エリアから探す方が多いかと思いますが、デザインや間取りを重視されたのですね。
奥様
はい、希望するエリアはわりと広範囲で、中央線と西武新宿線の間です。子供が通学しやすく、主人が通勤しやすい関係で。
スタッフ
中央線と西武新宿線の間の杉並区のエリアでしょうか?
ご主人様
いえ、杉並区だけではなく、練馬区でも武蔵野市でも。
スタッフ
それは広範囲ですね。実際に住まわれて、家族やそれぞれのお気に入りの場所はどこですか?
ご主人様
家族みんなのお気に入りの場所はリビングですね。ソファに座ったり、床暖房が入っているので、床にごろんとしたりしています。子供たちは自分の部屋が好きですね。今まで自分の部屋がなかったので嬉しいのだと思います。
スタッフ
先ほど拝見させていただきましたが、お嬢様の部屋はかわいくデコレーションされていましたね。ご主人様が好きな場所は他にありますか?
ご主人様
リビングのソファに座っているのも好きですが、あとは屋上ですね。屋上のソファに座ると、(手すりに高さがあり)誰からも見られないので、ボーっとして過ごすのが好きです。屋上からは富士山やスカイツリーが見えるんです。

それから、お風呂も好きな場所です。テレビがついているんですよ。
スタッフ
奥様が好きな場所はどちらですか?
奥様
私もリビングのソファと、キッチンですね。キッチンは好きなようにさせてもらえたので。
スタッフ
素敵な白いキッチンですね。キッチンで元のプランから変更できたり、選べたりしたのはどの部分でしょうか?
奥様
ダイニングとの間の吊戸棚はなくしてもらい、オープンキッチンにしました。それから、キッチンの天板やシンクのカラー、扉や取手が選べました。食器棚は同じメーカーに別注して揃えたんです。
ご主人様
まだ、家を建てる工事が始まる前に契約したので、キッチンの吊戸棚をなくしたり、キッチンのカラーを選んだりすることができたんですよ。
スタッフ
マイホームを購入されて生活などにどのような変化がありましたか?
ご主人様
私は通勤が短くなったので身体が楽になりましたし、家にいる時間が多少長くなりました。居心地がよいですしね。
奥様
下の子は自分の部屋ができて勉強するようになったり、子供たちは自主性が出てきたと思います。
ご主人様
そうですね、自分で目覚ましをかけて起きるようになるなど、自立性も養えていますね。それから、立地が良いので都内に出やすいですし、周辺を歩くのも楽しいです。近所の方なども妙成寺川沿いを散歩しています。
奥様
以前は週末に家族で出掛けるとなると車でしたが、今は駅まで歩いて電車で出掛けています。娘のバレエの間に、東京駅や新宿まで行って用を済ませてから迎えに行くといったことができるようになりました。すごく利便性が良いです。
スタッフ
すごく、小回りの利いた生活ができるようになったのですね。これから、この住まいでご家族で楽しみたいことはありますか?
ご主人様
季節がよくなったら、屋上で家族でバーベキューを楽しみたいですね。もともと、アウトドアが好きなので。屋上はほんと静かなプライベート空間なので、屋上にお茶をしに行ったりもしようと思います。
スタッフ
最後にこちらで暮らし初めてから、生活の中で楽しんでいることがありましたら教えてください。
ご主人様
部屋を理想の形に近づけていくことですね。
奥様
良いものであったら、何年掛けてでもお金を貯めて買いたいんです。廃番になってなくなってしまうこともありますが。
ご主人様
一つ一つこだわりを持って揃えて、時間は掛かりますが自分たちのお気に入りのモノの中で暮らしたいですね。家は一生ものですが、モノも一生もので揃えて、居心地の良い住まいにしたいです。

デザインにこだわって選んだ家で、こだわりのインテリアを揃える暮らしを楽しまれているW様。白をテーマに揃えたハイセンスなインテリアの中に、家族全員が好きだというキャラクターのぬいぐるみが随所に置かれるなど、温かみも感じられる住まいでした。そして、自分たちらしい暮らしを楽しむW様ご一家の自然な笑顔が印象的でした。

お気に入りPICK UP

●キッチン
白のキッチンに合わせて、キッチン家電も白のバルミューダで統一。
●リビングの薪ストーブ風ファンヒータ
まるで本物の薪ストーブのようですが、実はファンヒーター。
●お嬢様の部屋
壁をインテリアショップで買った花でデコレーションしたキュートな空間。
●寝室の神棚
デザインにこだわって選んだガラス製のモダンな神棚は空間にマッチしています。
●屋上
ソファに座ると周囲の建物は視界に入らず、空だけが見えるんです。