しつこい汚れを撃退!屋上テラスなら気にせず洗って干せる!

物干し

洗濯物の「しつこい汚れ」に悩んでいる方は少なくありません。特に手強いのは、子どもの部活、キャンプ、趣味の道具の汚れです。いざ家の中で洗おうとしても、なかなか難しいものがありますよね。

そこで、おすすめしたいのが、「自宅の屋上テラスを洗い場」として利用する方法です。家の中だと洗いづらい道具も、屋上テラスなら気にせず洗って干せます。

今回は、屋上テラスで気にせず洗える道具から、洗濯が楽になるアイテムまで解説していきます。

 1.屋上テラスで気にせず洗える道具とは?

屋上テラスでは、「部活道具」「キャンプ道具」「趣味道具」などが気にせず洗えます。これらの道具を家の中で洗うのは大変ですが、屋上テラスなら問題ありません。

・部活道具

部活道具の汚れは、子どもが頑張った証です。親としてはうれしい反面、やはり気になるのは汚れですよね。屋内競技ならまだしも、野球やサッカー、陸上などの屋外競技は、どうしても汚れてしまいます。

そこで屋上テラスを活用すれば、家の中では難しい靴や道具も簡単に洗えます。その場で洗った上に干せるので、天気のいい日にまとめて片付けてしまいましょう。特に、手強い靴の汚れは、屋上テラスでじっくり洗うことをおすすめします。

・キャンプ道具

キャンプ道具の汚れは、商品の耐久性や寿命につながります。メンテナンスを怠ると、汚れが発生したり、カビが生えたりといいことがありません。

また、キャンプ道具は大きいサイズが少なくないため、家の中で洗うのは難しいです。特に、寝袋やチェア、ハンモックなどは、サイズによっては洗いにくく、乾かしにくいでしょう。

屋上テラスの広いスペースを使えば、これらのアイテムの汚れもきちんと落とせます。大きいサイズの道具でも、広げて乾かせるので、ベランダよりも乾きが早いです。

ただし、キャンプ道具には「特殊加工」を施しているものがあります。なかでも、テントやタープは洗濯でダメになる可能性があるので注意しましょう。どうしても難しいアイテムの場合は、専門業者への依頼をおすすめします。

・趣味道具

趣味によっては、道具のサイズも大きくなります。たとえば、サーフィンやダイビングなどは、大きな道具が少なくないです。また、登山やサイクリングなどは、道具のサイズは小さいものの、汚れが気になる趣味といえます。

こうした趣味道具の洗濯にも、屋上テラスは活躍します。

サーフィンやダイビングの道具は、その場で洗って乾かせるので、分厚く乾きにくいウェットスーツも問題ありません。

登山やサイクリングの道具も家の中で洗うのは気が引けますが、屋上テラスなら思う存分に洗えます。どちらも天気のいい日を狙って洗い、しっかりと乾かしてください。

2.屋上テラスでの洗濯が楽になるアイテム

最後に、屋上テラスでの洗濯が楽になる「散水ノズル」「バケツ」「物干し竿」について解説します。

・散水ノズル

屋上の水栓が一般的なホースの場合、どうしても水圧が弱く、満足いくまで汚れを落とせません。そこで先端に散水ノズルを装着し、強い水圧で一気に汚れを落としましょう。

汚れを落とす目的で散水ノズルを導入するなら「散水パターン」が大切です。散水ノズルは用途によって、さまざまな形で水が出るようになっています。

まとまって水が出る「センター」や、霧状に水が出る「ミスト」など使い分けが必要です。(メーカーによって散水パターンの名称が異なります)また、複数のパターンを切り替えられる散水ノズルを購入すれば、より洗濯が楽になります。

それでは、屋上テラスでの洗濯に適した、おすすめの散水ノズルを紹介していきます。

Macintosh HD:Users:kishi:Desktop:スクリーンショット 0002-10-23 16.13.09.jpg

出典:タカギ(takagi) 散水ノズル Amazon

コスパの高い散水ノズルといえば、タカギ製のものが考えられます。手元のレバーで吐水・止水を管理できる上に、「キリ」「ストレート」「ジョロ」「シャワー」の4パターンの噴出を搭載しています。

とりあえず、洗濯に使える散水ノズルが欲しい方におすすめです。ただし頑固な汚れには向いていません。

Macintosh HD:Users:kishi:Desktop:スクリーンショット 0002-10-23 16.17.51.jpg

出典:ケルヒャー(KARCHER) サイクロンジェットノズル Amazon

より手強い汚れを落とすなら、ケルヒャーのサイクロンジェットノズルがおすすめです。高圧洗浄で道具の隅々まで汚れを落としてくれます。少し値は張りますが、その分、洗濯が楽になるアイテムです。

・バケツ

Macintosh HD:Users:kishi:Downloads:water-3418649_1280.jpg

道具に付いたしつこい汚れは、散水ノズルだけでは取れない可能性があります。そんなときは、バケツに洗剤を入れて「つけ置き」するのがおすすめです。

サーフィンやダイビングで利用するウェットスーツや、キャンプのハンモックなどの汚れも、つけ置きならきれいに落とせます。

つけ置き用のバケツは、できるだけ大きなサイズのものを選びましょう。最低でも「30L以上」のバケツを用意しておけば、大抵の道具はつけ置きできます。

・物干し竿

Macintosh HD:Users:kishi:Downloads:laundry-456112_1280.jpg

洗濯した道具を乾かす際に必要なのが物干し竿です。地面に置いて乾かすこともできますが、干した方が日差しや風が満遍なく当たるため早く乾きます。そこで、屋上テラスに適した物干し竿を用意しましょう。

上記の記事では、屋上テラスに適した物干し竿を紹介しています。どんな形状のものが合っているのか、記事中で確認した上で購入してみてください。

まとめ

屋上テラスの利点を生かした活用方法を解説しました。家の中で洗うのは気が引けるような道具でも、屋上テラスなら問題なく洗えます。

今回解説した部活道具、キャンプ道具、趣味道具の洗い場に困っていた方は、屋上テラスを活用して洗いましょう。

andresortlife_editor

18,452 views

&RESORT Life(アンドリゾート ライフ)とは 日常をリゾートのような時間を過ごせるライフスタイルへ。 屋上テラス、ウッドデッキ、プール、インテリア...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧